megatrek

てくてくあるいて、はしったりやすんだりして、遠い空よりもずっと

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011年5月4日(水)坪山

坪山から富士
『坪山から富士』

<山行データ>
山行日 : 2011年5月4日(水)
同行者 : 単独行
山名 : 坪山
所在地 : 山梨県上野原市
標高 : 1102m
所要時間 : 3時間20分(休憩含む)
天候 : 快晴!
登山ルート : びりゅう館→一の宮神社→御岳神社登山口→坪山山頂→びりゅう館



<計画>
計画では息子と二人で登って、山頂でおにぎりを食べて下りてくる予定だったんですが、前日の夜、息子が蕁麻疹を出しまして、当日の朝にはひいていたんですが、出先ですし、大事をとって連れて行きませんでした。


<行程>
06:50頃 びりゅう館到着
びりゅう館に到着したとき、別の登山客の車も直ぐ後ろから駐車場に入ってきて、一緒に地図看板を見ながらコースなどの話しをしていたところ、その3人組は御岳神社近くに車を置いて、同じ場所に下山する予定とのこと。僕の方はここに車を止めて、途中一の宮神社へ寄って、御岳神社まで徒歩で移動した後、登山道に入ってびりゅう館へ下りる予定であることを話すと、親切にも途中まで車で送ると、一の宮神社まで乗せてくれました。

07:00頃 一の宮神社に参る
一の宮神社は以前、以下の記事で紹介したことのある神社です。
http://megatrek.blog13.fc2.com/blog-category-22.html#no32
あの大杉の写真が撮りたくて久し振りに寄って、たくさん写真を撮ってきたんですが、帰ってみてビックリ、このとき撮った写真から登山途中(8時12分)までの写真が1枚も保存されていません。

どうやら僕のカメラはもうかなり古いので、寿命が近いのかも知れません。そう言えば先日の岩殿山のときも、単純に電池切れと書きましたが、充電はしてあったものが、随分と早くにバッテリー切れになったので、おかしいと思っていたんです。

一の宮神社自体は相変わらず、人気もなく、古い神楽殿は荒れていて、しかし朽ち果てもせず、大杉は大きな幹を天に突き刺すように真直ぐ立っていました。

07:30頃 登山口入る
登山口は御岳神社の鳥居脇を入りますが、気が早いことに鳥居のすぐ下にお賽銭箱が置いてあります。お賽銭箱の後ろに神社に続くかなり急勾配の参道(階段ではなく山道です)が山の上に向かって延びています。
きっと参道を登りきった神社前では賽銭が集まらないのでしょう。そのお蔭かどうか、鳥居は小さいながらきれいな新しいものでした。
(写真撮ったのに~!)

登山道は案外急な坂が多く、あまり整備もされていないため、荒れた道にロープを張った場所が多くありました。
登山道 登山道
『登山道』
それでもこちらの道は色々な花が見られるということで人気があります。
ヒカゲツツジ
『ヒカゲツツジ』
しかしこの日は、ちょっと時期が遅かったらしく、イワウチワもミツバツツジも、ほんの少ししか花が見られませんでした。
登山道 登山道
『登山道』
歩いていると、先ほど車に乗せてくれた3人組に追いつきました。挨拶して追い越させてもらいました。
道標
『道標』
登山道
『登山道』


08:40 坪山山頂
地図には2時間と書いてありましたが、あまりにも早く着いてしまいました。
6時半頃朝ごはんをしっかり食べて、おにぎり持って来たんですが、早過ぎます。この先ほかの山に縦走する予定はありません。
坪山山頂
『坪山山頂』
頂上には一人の男性が座って食事をしており、しばしおしゃべりしていると、先ほど抜かした3人組が到着しました。
3人も加わり、富士山が好く見える山の話など。
山頂の桜
『山頂の桜』
山頂はまだ桜が残っていました。
馬酔木と黒い蝶
『馬酔木と黒い蝶』
「あせび」ってパソコンで打っても変換されないんですね。

09:00 坪山出発
先客の男性が先に下山し、次いで僕が下山することにしました。3人組に挨拶してびりゅう館方向へ下山します。
古い道標
『古い道標』
こちらの登山道のほうが、いくらか整備されているようです。
びりゅう館への道標
『登山道』
道標も山梨県のどの山に登っても見る定型的なものが使われていましたが、それだけではなく、手書きの看板がとてもユニークで楽しませてくれました。
ミツバツツジ
『びりゅう館への道標』
ちょっと遠かったのでいまいち分かりづらいですね。
ヒリュウカン?
『ミツバツツジ』
点が見当たりませんが、手書きということでご愛嬌としますか。
手書きの地図看板
『ヒリュウカン?』
下のような手書きの地図看板が2枚ほどありました。
びりカラウソー?
『手書きの地図看板』
もう何て書いてあるか分かりません。
きのこ
『びりカラウソー?』
食べないほうが身のためっぽい。
きのこ
『きのこ』
ま、これは埋まっているだけで、ちょっと意地悪ですが。
ビリーウ館
『ビリーウ館』
何ていう木か調べてもいませんが、枝ぶりが実に絵になる木たちでした。
やたらと折れ曲がった枝や幹の照葉樹林帯
『やたらと折れ曲がった枝や幹の照葉樹林帯』
やたらと折れ曲がった枝や幹の照葉樹林帯 やたらと折れ曲がった枝や幹の照葉樹林帯
『やたらと折れ曲がった枝や幹の照葉樹林帯』
大きな杉の木の根元に物凄い量の栗の皮が落ちていました。誰かこの木の上で栗をたらふく食ったのでしょう。
栗の皮
『栗の皮』

10:50 びりゅう館到着
あっさりと、昼には程遠い時刻にゴールしてしまいました。おにぎりは一体いつ食べるのでしょう。

びりゅう館にはこれから登ろうとしている登山客や、お土産や目当ての客がたくさん車を止めていました。
車に乗ろうとしたとき、到着した時には全く気がつきませんでしたが、車の直ぐそばに枝垂桜がまだ咲いていました。
びりゅう館の桜
『びりゅう館の桜』

あっさりした山行でしたが、晴れて穏やかな気持ちのいい日でした。
スポンサーサイト

| 登山_山梨県 | 10:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>ブルさん

体重増加ですか、、、
実は高水山のトレイルラン以降、マラソンも
トレイルランも全くエントリーしていない
せいもあり、すっかり目的を失い、全く走って
いない上に食生活は走っていた時と変わらない
ため、最近増加した体重が足に来ています。

その上、変わりに歩いている山は小学生の息子
でも歩けるようなコースのため、あまりダイ
エット効果は望めないので、昨日は久し振りに
自転車で多摩川沿いを羽村堰まで走って来まし
た。

新しく購入した自転車は、折りたたみで20inch
の6段変速で、さすがに前の27inch21段変速と
比べると、スピードは出ないし重たいし、かな
りキツイ思いをして帰って来ました。

| mega | 2011/05/15 22:46 | URI |

こんばんは。
坪山は知りませんでした。
新緑が美しい季節になってきましたね。
お子様は残念でしたが、お天気もよく、
リフレッシュできたことと思います。

私も笠取山に行こうと計画していましたが、
最近体重がまた増えてきたせいだと思いますが
アキレス腱のところが痛くてやめました。
やせなきゃ・・・です。

| ブル | 2011/05/15 21:46 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://megatrek.blog13.fc2.com/tb.php/75-683bbf7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。